取り扱いフィルム素材一覧 -阪和紙業社が取り扱っているフィルム素材の一覧をご紹介します
梱包用テープ、フィルムテープの阪和紙業社TOP > 取り扱いフィルム素材一覧

取り扱いフィルム素材についてご紹介します

阪和紙業社で取り扱っているフィルムの素材について、どのような特徴があり、どのような商品に使われているかをご紹介します。また「こんな機能性があるフィルムは?」などのご相談もお待ちしております!

取扱フィルム一覧
OPPフィルム  CPP  ポリエチレン(LDPE、MDPE、HDPE、LLDPE)  IPP
ナイロンフィルム(無延伸ナイロン・2軸延伸ナイロン)
PETフィルム(OPET・CPET・APET)  ポリ塩化ビニル(PVC)
セロハンフィルム(普通セロハン・防湿セロハン)  ビニロンフィルム
シュリンクフィルム(熱収縮フィルム)  環境対応フィルム
アルミ蒸着フィルム  不織布

OPPフィルム

用途 CPPと共に汎用性のもっとも高いフィルム、タバコの外装、菓子類、塩干物など範囲は広い。
テープとして使用する場合は比較的伸びやすい性質を利用して、主に屋外で使用される場合のテープに適している。
機能性 透明性、表面光沢性,防湿,防水性に優れ、対加工適正にも優れる。

ヒートシール性に優れた素材としてOPPを提案した事例はこちら
滑りにくい素材としてOPPを提案した事例はこちら


CPP

用途 雑貨品や食品をラミネート加工する際、シーラント材(裏地)に使用されOPPなどとともに製袋時のシール適正を向上させる。
機能性 透明性、表面光沢性,防湿,防水性に優れ、耐熱性や剛性にも優れるが低温での衝撃性に弱い。

透明性・光沢性の高さを生かしたCPPの提案事例はこちら


ポリエチレン(LDPE、MDPE、HDPE、LLDPE)

用途 一般的にはゴミ袋や砂糖の袋はLDPE、コンビニバックはHDPEが使用されている。LDPEは特殊袋として米袋、肥料用袋、ドラム缶用袋など用途は広い。
テープで使用する場合に関しては、比較的薄くて軽い性質を活かして店内装飾用テープとして使用される場合が多い。
機能性 LDPE、MDPE、HDPEなど用途により製法と特性が分かれる。
LDPEはヒートシール製が良く、防湿、防水性、柔軟性に優れる。ガスバリア性、耐油性はよくない。

ポリエチレンの耐熱性・耐寒性を生かした提案事例はこちら
強度のある素材として提案した事例はこちら


IPP

用途 文具ファイルやシステム手帳の内装部分に使用される。
機能性 チューブ状で製造されるので製袋加工がしやすい。透明性、表面光沢性、表面すべり性がよい。

透明性・光沢性の高さを生かしたIPPの提案事例はこちら

ページトップへ

ナイロンフィルム(無延伸ナイロン・2軸延伸ナイロン)

用途 ハム、ソーセージ、ハンバーグなどの食肉加工品、かまぼこ、珍味類の水産加工品、チーズ、たくあんなどの農産加工品や、その他レトルト、ボイル食品の包材に使用される。
機能性 特有の強靭さ、絞り成形性がある。耐熱性、耐寒性、ガスバリア性が良い。
ラミネート用基材として印刷して使用される。

ガスバリア性の高い素材としてナイロンフィルムを提案した事例はこちら


PETフィルム(OPET・CPET・APET)

用途 液体スープ、ジャム、冷凍、レトルト、調理食品や保香性を活かしてらっきょ、にんにく、その他香辛料の包材に使用される。
機能性 透明性がよく強靭で耐熱、耐寒、その他耐候性に優れる。
ラミネート用基材として印刷して使用される。(通常ポリエステルフィルムのこと)

ガスバリア性の高さを生かしたPETフィルムの提案事例はこちら
強度のある素材としてPETフィルムを提案した事例はこちら


ポリ塩化ビニル(PVC)

用途 硬質タイプ:果物や卵の受け皿状成型容器、医薬品のカプセル、錠剤のPTP包装雑貨物などのプリスター容器として使用される。
軟質タイプ:繊維製品の包装、果物、生肉、野菜、鮮魚などに使用される。ラップにその他産業用として農業用フィルム、テーブルクロス、レインコート、風呂敷、カーテン、ブックカバー、粘着テープの基材などに使用される。
機能性 光、熱によって分解しやすく、成型加工時流動性が悪いので、特性安定のため、数種類の添加剤が数%添加されている。
ページトップへ

セロハンフィルム(普通セロハン・防湿セロハン)

用途 「セロハンテープ」として使用される。
機能性 セロハンフィルム…
木の繊維をいったん液状にしてから透明フィルムにしたもの。紙に似た特徴があるが違う点は透明なこと。
普通セロハン…
木材パルプの繊維を化学的に処理し溶液状にし再び凝固再生したフィルム。再生セルロースフィルムと呼ばれる。
防湿セロハン…
印刷製がよい、硬くて腰がある、一定強度はあるが破れやすい、水に弱い、燃えやすいという特性がある。

ビニロンフィルム

用途 チーズ、ハム、ソーセージ、カステラ、かつおけずり節、コーヒーパック、ティーバックなどに広く使用される。
機能性 単一フィルムではガスバリアー性が最もよく、耐医薬品性、耐油性も優れている。

ガスバリア性の高さを生かしたビニロンフィルムの提案事例はこちら

ページトップへ

シュリンクフィルム(熱収縮フィルム)

用途 シュリンクフィルムには塩ビ、ポリ、OPP、CPP、PETと各種素材が用意されており、ボトルのキャップシールやペットボトルの表示フィルム、乾電池の包装など多岐にわたる。
機能性 シュリンクフィルムは素材により縦、横の収縮率のちがいがあり、商品により使用差別化して使い分ける。

環境対応フィルム

用途 石油由来の多くのフィルムにかわる代替素材として開発中のフィルム。
機能性 現状の汎用フィルムに近い機能性があり、今後、石油由来のフィルムの代替素材として期待されている。

環境対応フィルムを提案した事例はこちら


アルミ蒸着フィルム

用途 ポテトチップスなどの菓子類、アイスクリーム、粉コーヒー、米袋などに使用される。
機能性 フィルムの表面に、蒸着により薄いアルミ層を形成したもの。アルミ箔と同等の特性がある。ガスバリア性、反射性、保香性、導電性や磁気特性、通電発熱性がある。

ガスバリア性の高さを生かしたアルミ蒸着フィルムの提案事例はこちら

ページトップへ

不織布

用途 使い捨てオシボリ、ティーバッグ、紙おむつなどが代表的。
機能性 多孔性で軽く、通気性、含浸性、保液性、ろ過性、クッション性、熱接着性、柔軟性、引っ張り強度などに優れる。

通気性の高さを生かした不織布の提案事例はこちら

 ◆その他のフィルムも多数扱っておりますので、お気軽にご相談下さい。
ページトップへ

ご要望や用途に合わせて最適なフィルム素材をご提案します

フィルム素材に詳しくない方も、まずは用途やご使用環境をお聞かせ下さい。フィルムの特性や加工適正など、専門家としてアドバイスをさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談下さい!

ロールフィルム製品一覧 

機能性に関するご要望
通気性のある素材   ガスバリア性・保香性のある素材 
耐熱性・耐寒性のある素材 強度のある素材

素材の特徴に関するご要望
ヒートシール性のある素材   環境対応素材   防錆性の素材

見栄えに関するご要望
透明性・光沢性のある素材

作業性に関するご要望
滑りにくい素材   帯電性が少なく、耐候性のある素材

各種業務用テープのことなら阪和紙業社にお任せ下さい。

お問い合わせはお電話・FAX・インターネットで承っております。
(営業時間 8:30〜17:30 土日祝休み)

TEL:06-6702-0549 FAX:06-6702-5809

E-mail:info@hanwashigyousha.co.jp

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝え下さい。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。
折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら