透明性・光沢性・滑りにくい・帯電性が少ない素材-各特徴をもち合わせた様々な素材をご紹介します
梱包用テープ、フィルムテープの阪和紙業社TOP > 透明性・光沢性・滑りにくい・帯電性が少ない素材

透明性から帯電性まで各特徴を持った様々な素材をご紹介

アパレル関係の衣服や雑貨の包装では、見栄えを良くするために透明性・光沢性のある素材がよく求められます。またフィルムを使用する際の作業性を高めるためには、通常のフィルムの特性である滑りやすさ、帯電性といった特徴のない素材がよく求められます。こちらでは各機能性を備えたフィルム素材と提案例を紹介いたします。


透明性・光沢性のある素材

素材 CPP、IPP
特徴 CPP:透明性や表面光沢性・防湿・防水性・耐熱性・剛性にも優れたフィルムです。OPPなどと共に製袋時のシール適正を向上させます。
IPP:チューブ状で製造されるので製袋加工がしやすい。透明性、表面光沢性、表面すべり性がよい。
用途 CPP:雑貨品や食品をラミネート加工するシーラント材(裏地)によく使用されます。単体でDM封筒にも使用できます。
IPP:文具ファイルやシステム手帳の内装部分に使用される。
よく使用される業界 下着繊維メーカー、雑貨関係

CPP、IPPの提案事例


お客様からのご要望

下着の包装用に印刷した袋を作りたいが、見栄えにこだわりたい。何か良い方法はないか?
提案事例

発色をよくするために印刷はOPPに印刷し、透明性の高いCPPをラミネート加工することで、見栄えの良さにこだわった提案をしました。サイドシール加工の袋で、形状にもご満足していただくことができました。
透明性・光沢性のあるフィルム素材:CPP、IPPの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら
ページトップへ

滑りにくい素材

素材 OPP
ポリエチレン
特徴 OPP:透明性、表面光沢性、防湿、防水性がある一方で表面すべり性は低く、また対加工適正にも優れているため、CPPと共に汎用性のもっとも高いフィルムです。
ポリエチレン:エンボス加工を加えることで、上を歩いても滑らない、安全な養生シートを作ることができます。
用途 OPP:アパレル関係など。
ポリエチレン:建築関係の養生シートなど。
よく使用される業界 アパレル関係
 

OPP・ポリエチレンの提案事例


お客様からのご要望

Tシャツや肌着を入れたいが、積み上げたときに滑って崩れしない素材の袋がほしい。
提案事例

OPPという素材を提案しました。透明性や表面光沢性がある一方で表面すべり性は低いので、アパレル関係など袋を積み上げる機会の多いお客様に広く使われています。
滑りにくい素材:OPP・ポリエチレンの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら
 

帯電性が少なく、耐候性のある素材

例えば電子部品や家電製品を保護・包装する際には、ほこりなどのゴミを避けたり、静電気が発生するのを防ぐために、帯電性が少ない素材が求められます。
弊社では、帯電性が少ない上に、耐候性のある素材を取り扱っております。詳しくは以下をご覧下さい。

素材 カーボンフィルム
特徴 PE 原料とカーボンパウダーを練り混ぜたものをインフレーション法でフィルム化したもの。導電抵抗が少なく帯電しない。
用途 電子機器の梱包や、弱電製品の包装、精密特殊部品の包装
よく使用される業界 電子部品メーカー、家電メーカー
 

カーボンフィルムの提案事例


お客様からのご要望

電子部品の梱包用に35mm巾のフィルムを探しているが、現在のフィルムでは静電気が発生して機器に障害が出て困っている。何か良い素材は何か?
提案事例

カーボンフィルムは導電抵抗が少なく帯電しないのが特徴なので、静電気発生を防ぐことができ、お客様にも大変喜ばれました。サイズももちろんご希望通りに仕上げ、納品いたしました。
耐候性・帯電防止フィルム素材:カーボンフィルムの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら
 

ご要望や用途に合わせて最適なフィルムをご提案します

フィルムは、用途、内容物、使用環境などを考慮した上で最適な素材を選び、必要に応じて印刷・加工等を加えていくことが必要です。阪和紙業社では、フィルムのプロとして最適なアドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら

各種業務用テープのことなら阪和紙業社にお任せ下さい。

お問い合わせはお電話・FAX・インターネットで承っております。
(営業時間 8:30〜17:30 土日祝休み)

TEL:06-6702-0549 FAX:06-6702-5809

E-mail:info@hanwashigyousha.co.jp

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝え下さい。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。
折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら